リハビリテーション

リハビリテーション部

当院は血液透析や呼吸器管理、経管栄養を必要とする重度の慢性期疾患の患者さまが多く、医師をはじめ看護師、介護士、社会福祉士など専門職と協力し人間の尊厳に基づいたリハビリテーションサービスを提供しています。
最近では脳卒中や大腿骨頸部骨折などの回復期過程の患者さまの入院も増加しており、機能回復、日常生活動作の改善に向けたリハビリテーション、更には在宅復帰に向けて訪問指導なども行っています。
今後は移転・新築後の回復期リハビリ病棟の立ち上げに向け、ハード、ソフト面の充実を図っていきます。

リハビリテーション部の理念

深い人間理解に基づく 心のこもったリハビリテーションを行います

基本方針
  • 笑顔と優しい声掛け、態度で接します。
  • 部署内をはじめ医師、看護師、その他関係職種との連携を図り、患者さま、ご家族のニーズを尊重しながらサポートします。
  • エビデンスに基づく個別性のあるリハビリテーションを実施し、心身及び生活機能の回復と維持に努めます。
  • 自己研鑽に努め、知識と技術の向上を図ります。
  • 明るく元気で楽しい職場作りと、互いに尊重しフォローし合える関係性の構築に努めます。
施設基準
  • 脳血管疾患リハビリテーション料Ⅱ
  • 運動器リハビリテーション料Ⅰ
  • 呼吸器リハビリテーション料Ⅰ
対象疾患
脳・神経疾患 脳卒中、小脳出血、脊髄損傷、ALSなどの神経難病 等
整形外科疾患 大腿骨頸部骨折術後、変形性関節症、下肢切断 等
呼吸器疾患 呼吸不全、誤嚥性肺炎 等

リハビリスタッフの声

作業療法士

回復期リハビリ病棟の立ち上げに向け
充実した日々を送っています

作業療法士/4年目

専用のOT室やADL室があり、現在少しずつ作業療法部門の充実を図っています。対象疾患も多様で日々勉強しながら患者さまの生活行為を支援できるよう臨床に励んでいます!
今後は移転・新築後の回復期リハビリ病棟の立ち上げに向け、ハード、ソフト面の充実を図っていきます。

理学療法士

働きやすい職場環境で、
たくさんの知識が身につきます!

理学療法士/4年目

アットホームな雰囲気の職場です。維持透析、人工呼吸器装着、難病等、様々な患者さまが入院しています。悩むことも多いですが、その分たくさんの知識が身に付きます。また職種間の隔たりが少なく、すぐに情報の交換・相談をすることができ、安心して業務を行えます。また、資格の取得や学会への参加・発表にも積極的に取り組める環境なので、自身のスキルアップもはかりやすいです。

スタッフが取得している資格等
  • ・日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士
  • ・認知症サポーター
  • ・3学会合同呼吸療法認定士
  • ・福祉住環境コーディネーター2級
  • ・生活行為向上マネジメント実践者研修修了
    (日本作業療法学会認定)
  • ・日本臨床研究会
  • ・臨床実習指導者研修修了(日本作業療法協会認定)
  • ・がんリハビリテーション研修会受講修了
スタッフが所属している協会・学会等
  • ・日本理学療法士協会
  • ・日本言語聴覚士協会
  • ・日本作業療法士協会
  • ・日本摂食嚥下リハビリテーション学会