理事長のあいさつ

当院は昭和51年に救急病院として開設され、40年間地域医療に貢献して参りましたが、社会情勢の急速な変化に対応して当院の医療内容も大きく変わってきました。とくに高齢患者さまの増加に対してはさまざまな取り組みをしてまいりました。

病院の現場を毎日診ていますと、わが国の高齢化に伴ういろいろな問題を考えさせられますが、中でも長期入院療養を余儀なくされた高齢の方々への治療・介護は病気の完治は望めない中での医療という難しい問題があります。わたしたちは「患者さまへの尊厳にもとづく医療」を理念の第一にかかげています。
医療者として当然のこころがけではありますが、高齢者が多くなる社会ではえてしてそれが失われがちになります。
当院の職員たちはたとえ言葉が出ない患者さまや意識のない患者さまたちにも適切な医療と優しい言葉かけを行っています。
当院は呼吸器管理や血液透析を必要とする重症の患者さまたちを積極的に受け入れていますので、医師、看護師、介護士、薬剤師、理学療法士、栄養士など多くの専門職の方々が力を合わせて医療・看護を行うことが必要になります。この数年有望な職員が増え、広島大学病院の先生方も毎日診療援助に来てくれていますので、良い医療ができる環境が十分に整っています。また、社会福祉士を中心とした地域医療連携室は他の病院・介護施設などとの交流を積極的に行い、地域に密着した医療も実践しています。

今後は病床の一部を回復期、急性期的な患者さまにも利用していただき、リハビリなど退院に向けた医療も提供できる環境を整え邁進する所存でございますので、皆さまのご支援をよろしくお願い致します。

理事長福田ふくだ 康彦やすひこ

理事長

診療分野

外科一般・腫瘍外科・臓器移植外科

資格

医学博士
日本外科学会 指導医
日本透析医学会 指導医
日本消化器外科学会 指導医
日本消化器がん治療 認定医
日本乳がん学会 認定医
日本移植学会 認定医

略歴

1968年(昭和43) 広島大学医学部卒業
1979年(昭和54) 米国ペンシルベニア大学留学
1991年(平成3) 広島大学医学部助教授(外科)
1996年(平成8) 県立広島病院一般外科部長
2000年(平成12) 広島大学医学部臨床教授
2002年(平成14) 県立広島病院救命救急センター長兼務
2003年(平成15) 県立広島病院副院長兼務
2006年(平成18) 県立広島病院腎臓総合医療センター長兼務
2009年(平成21) JA広島総合病院院長
2012年(平成24) JA広島総合病院名誉院長、特別顧問
2012年(平成24)11月 医療法人社団たかし会尾鍋外科病院院長
2017年(平成29)4月 医療法人社団たかし会理事長